利用しやすいエリアの納骨堂ならお参りしやすい

こだわる要素がいっぱい

男女

富士山を望める場所に霊園が作れるところが、神奈川という場所の特徴でもあります。そのため、環境のいい霊園は人気が高くなっていますが、実際に墓地を購入するにあたっては、マイカー以外の公共交通機関でもお参りに行けるかどうかに気を付ける必要があります。

お墓よりも注目度が高い

男の人

気軽にお参りできます

最近、お墓よりも納骨堂が注目されています。昔は、お盆にはお墓参りをするというのが一般的でしたが、最近は納骨堂にお参りに行くという方も多いでしょう。納骨堂が注目されている一番の理由として考えられるのは、やはり便利なことでしょう。基本的に室内にあるものですので、季節を問わずにどんな時でも気軽にお参りに訪れることができます。正直雪が降る地域では、冬のお墓参りはとても困難です。墓地の敷地は除雪がされていないことも多く、自分の家のお墓を探すだけでも大変です。また、足腰が弱いお年寄りにとっても、野外のお墓より室内の納骨堂の方がお参りしやすいでしょう。虫やカラスなどもいませんので、ゆっくりと安心してご先祖様や亡くなった家族をお参りできます。

アクセスの良い所は人気

お寺にある納骨堂では基本的に毎日住職がお経を上げてくれます。毎日お参りしてくれるという点はとてもありがたいですよね。実際に納骨堂を購入する場合には、供養期間や費用の詳細をきちんと確認しておきましょう。最近は、生前に納骨堂を予約できるところもあります。交通のアクセスが良いところや、設備が充実しているところは人気が高いので、事前に予約しておくのもアリでしょう。「終活」という言葉が注目されていますが、まさにこれも終活の一つです。残された家族が管理することになりますので、家族とよく相談したうえで決めていくと良いでしょう。駅に近いところなど、人気の納骨堂はすぐに予約や購入でいっぱいになってしまいますので、事前に希望の条件をまとめこまめに情報をチェックすると良いでしょう。

不安な場合相談できること

お墓

独身の方や子供がいない方で、お墓のことが気になる方は、永代供養をお願いするとよいです。神奈川に住んでいるのであれば、永代供養をお願いできる霊園がたくさんあります。また、紹介サイトから自分たちの暮らしに合わせた霊園を探すこともできます。

継承者がいなくても大丈夫

墓地

最近は核家族化で、死後にお墓をみてくれない家庭も多くなってきています。永代供養墓は、継承者を必要としない墓であるため、京都でも購入者が多くなっています。お墓のタイプも2つあるので、どちらのタイプが良いのか相談してから決めましょう。