利用しやすいエリアの納骨堂ならお参りしやすい

継承者がいなくても大丈夫

墓地

一定期間供養してくれる

京都で墓を購入する際に考えなければならないのが、将来の供養をどうするのかということです。例えば信仰する宗派があり、子々孫々まで1つの墓を守り続けるという家族の合意がある場合は従来の墓で問題はありません。しかし少子化や独身者の増加に伴い「京都でお墓を買っても、子供に維持する苦労をかけたくない」「独身で子供もいないので自分だけが入れるお墓が欲しい」というふうに考えている人たちが増加しています。そのため近年、家墓に代わり永眠の地として注目されているのが永代供養墓です。永代供養墓とは、継承者を必要としない墓のことで、そのほとんどは寺や霊園にあり、墓参りをする人がいなくても、一定期間供養し続けてもらえます。

個別と共同の2種類ある

永代供養墓のスタイルは、大きく分けると、個別と共同の2種類に分かれます。個別の主なタイプには、故人一人だけが入る個人墓や夫婦で入る夫婦墓、また気の合った友人同士で入る友人墓などがあります。個人墓は別名単独墓とも呼ばれています。見た目は従来の墓石とあまり変わりはありませんが、墓石に刻まれるのは通常名前か戒名のみです。自分ならではの個性豊かな墓に入りたいという京都の人に向いている墓です。また「安らかに」「慈愛」といった言葉が入る場合もあります。共同墓は、地縁・血縁がない他人同士が一緒に入る永代供養墓です。寺院が運営するものや、京都のNPOなどの団体の会員になって入るものなど色々なタイプのものがあります。